緊張の一瞬

緊張の一瞬

posted in: blog | 0

土木部の髙市です。

家基礎、打ちっ放し擁壁の施工が完了しました。

 

打ちっ放し擁壁は高さがある為、コンクリート打設にはコンクリートポンプ車を用い、締固めのバイブレータは内部・外部振動機を使用しました。

打設前には内部を水洗いし表面のゴミを落とし、型枠表面を湿潤状態にしておき、内部振動機を垂直にコンクリートに挿入し1層、2層に分けて締固めを行い打ち継ぎ目地を水平になるように打設を行います。

コンクリート表面に気泡がないよう充填するこの作業は打ち放し擁壁の仕上がりに影響するためとても大事なことです。

 

何度打ち放し擁壁の施工をしていても、型枠を脱枠するまで仕上がりの状態を確認できないので、、脱枠のときは特に緊張します。