タナカの徒然日記 ~名言の話~

タナカの徒然日記 ~名言の話~

posted in: blog | 0

 

毎日忙しく過ごしていて、ふとした瞬間に今の状況に疲れたな、少し辛いなと思うことは誰にでもあることです。

人生いいこともあれば同じくらい苦しいこともあります。

いい状態の時はこれから先起こりうる悪い事態のことなど想像もしていません。

そして今が最悪だ、どん底にいると感じている人も、幸せな未来のことなど思い浮かべられない状態にあるでしょう。

そこまで思い詰めていないよ、という人も、何となく毎日つまらないな、やりがいがないなと感じる時はあると思います。

 

私は気分が沈んだ時には、先人の言葉を聞くことにしています。

そこには少ない言葉ながらも人生を切り開くヒントがたくさん詰め込まれています。

昔の人たちも私たちと同じでつまらないことで悩んだり、他人のことで一喜一憂したり、時には愚痴を言ったりしながら懸命に生きていたことがわかります。

今回は私が自分への戒めとして、気になった名言をご紹介したいと思います。

 

 

あなた方は進歩し続けない限りは
退歩していることになるのです。
目的を高く掲げなさい。

- フローレンス・ナイチンゲール –

 

 

高く登ろうと思うなら、
自分の脚を使うことだ。
高い所へは、
他人によって運ばれてはならない。
人の背中や頭に乗ってはならない。

- ニーチェ –

 

 

人と比較をして劣っているといっても、
決して恥ずることではない。
けれども、
去年の自分と今年の自分とを比較して、
もしも今年が劣っているとしたら、
それこそ恥ずべきことである。

- 松下幸之助 –

 

 

忠告を受けたら
誰がそう言ったかを尋ねないで、
言われていることは何か、
それに心を用いなさい。

- トマス・ア・ケンピス -

 

 

あなた方のお母さんを
慈しみ愛しなさい。
でもその母への愛ゆえに、
自分の意志を曲げてはいけない。
そうすることが後に、
あなた方のお母さんを
幸せにすることなのだから。

- 芥川龍之介 -

 

 

君の決心が本当に固いものなら、
もうすでに希望の半分は実現している。
夢を実現させるのだという強い決意こそが、
何にもまして重要であることを
決して忘れてはならない

- エイブラハム・リンカーン -

 

 

言い訳が上手な人間で、
その他の事が上手にできるというのは、
ほとんどいない。

- ベンジャミン・フランクリン -

 

 

我々のもっともすばらしい栄光は、
決してくじけないことではなく、
くじけるたびに立ち上がることにある。

- オリヴァー・ゴールドスミス -

 

 

 

本来の自分を取り戻したい、そんな時は他の人の言葉に耳を傾けてみれば案外すぐに解決への道が見つかるかもしれません。

思いもよらない言葉が聞けてはっと我に返ることもあるでしょう。

落ち込んだ時はぜひ、試してみてくださいね。