土木部門のお仕事~掘削と床堀りの違い~

土木部門のお仕事~掘削と床堀りの違い~

posted in: blog | 0

真聖建設 宇都宮です。

 

仕事始めをしてからというものの、あっという間に月末ですね。

まだまだ寒くなるかと思いきや…冬らしくない寒さに驚いています。

日差しが暖かい日もあり、刺すような冷たさはあまり感じないですね。

 

今回は土木部門のお仕事で掘削と床堀りの違いを紹介したいと思います。

堀という字があるので同じ作業かと思っていましたが、調べてみると違った作業になるようです。

 

 

 

掘削→現地盤(施工する前の地盤のこと)の現場の土砂等を施工基面まで掘り下げていく作業。

 

 

床掘り→建物や道路などの構造物を作るためや不要なものを撤去するために現地地盤または施工基面まで掘り、側溝や埋戻しをする作業までのことを言う。

 

こうして調べてみると異なった作業内容だということがわかりました。

まだまだ作業内容について知らないことばかりです。

日々勉強だな…と思いました。

 

真聖建設では造成や基礎工事なども行っております。

また、様々なところで今まで紹介していない工事も行っております。

こちらのブログで少しずつですがご紹介できればなと思っています。